Book Academia

日本

坊っちゃん:あらすじ・感想・考察 夏目漱石

『坊っちゃん』とは? 『坊っちゃん』(1906年)は夏目漱石さんの代表作の1つとして知られる中編小説で、デビュー作『吾輩は猫である』(1905年)の次に発表された作品です。 夏目漱石さんが愛媛県の中学校に教師として赴任していたときの経験を元...
イギリス

洋書Audible:ハリーポッター全作を聴いた感想

この記事は、『ハリーポッター』全作を英語原文のAudibleで読了した感想とおすすめポイントをまとめたものです。 世界中が熱狂した『ハリーポッター』シリーズですから、小説や映画で楽しんだ方は多いと思います。 しかし、Audibleは新しいメ...
オーディブル

洋書Audibleおすすめ50選!作品の選び方&勉強法も【初級者/中級者/上級者レベル別】

Audible大好き人間の私からあなたへ、熱くプレゼン!作品の選び方、英語勉強法、おすすめの洋書50選(初級者から上級者まで)まで、ぜひ参考にしてみてください!
洋書

洋書大好き!おすすめ100選【初級 中級 上級 ベストセラー フィクション ノンフィクション Kindle Audible】

初級/中級/上級、最新〜古典のすべてに対応。Kindle、Audible、小説、感動、ミステリー、ビジネス、ベストセラー、ノーベル文学賞など、様々なジャンルを集めました。あなたと本がともにありますように!
イギリス

時計仕掛けのオレンジ:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 アンソニー・バージェス

『時計仕掛けのオレンジ』とは? 『時計仕掛けのオレンジ』はイギリスの小説家アンソニー・バージェスさんが1962年に発表したディストピア小説です。 本作は世界文学史上に残る名作とされ、以下のリストにも選出。 1923年以降に書かれた英語の小説...
アメリカ

アルジャーノンに花束を:洋書を読む全ての人におすすめな5つの理由

この記事は英語力と感動を同時に得られるお得な趣味としての洋書多読と、初心者でも入りやすい洋書デビュー作として、世界文学の傑作であり、アメリカのベストセラー小説でもある『アルジャーノン花束を』がおすすめな5つの理由を紹介しています。
イギリス

シャーロック・ホームズ全集を英語原文で読んだ感想【全長編短編・洋書・オーディブル】

シャーロック・ホームズの全集を、英語原文で読了しました! BBCドラマ『シャーロック』が好きで、でも原作は読んだことがなく、いつか読みたいと思っていたのを、2023年に実行。 全集を読破するのは大変でしたけど、内容は本当に面白く、最初から最...
アメリカ

ティファニーで朝食を:あらすじ・登場人物・原書で読んだ感想・考察 トルーマン・カポーティ

『ティファニーで朝食を』の概要 『ティファニーで朝食を』とは? 原題:Breakfast at Tiffany’s 作者:トルーマン・カポーティ 発表:1958年 時代:第二次世界大戦が始まって間もない頃 場所:ニューヨーク(アッパーイース...
アメリカ

ライ麦畑でつかまえて:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 J.D.サリンジャー

『ライ麦畑でつかまえて』とは? 原題は『The Catcher In The Rye』 原題:The Catcher In The Rye 作者:J.D.サリンジャー 発表:1951年 舞台:当時のニューヨーク 形式:長編小説 物語:高校を...
アメリカ

『ライ麦畑でつかまえて』は誤訳ではない!一流の翻訳! J.D.サリンジャー

『ライ麦畑でつかまえて』は誤訳? 『ライ麦畑でつかまえて』は誤訳説は、以下の理由に由来すると思われます。 英語原文は『The Cather In The Rye』、つまりキャッチする側 和訳の『〜つかまえて』はキャッチされる側 たしかに、こ...