Book Academia

アメリカ

マーダーボット・ダイアリー:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 マーサ・ウェルズ

『マーダーボット・ダイアリー』とは? 『マーダーボット・ダイアリー』は、アメリカの小説家マーサ・ウェルズさんが2017年から発表している連作SF小説です(2024年5月時点で既刊7作、続編も執筆中)。 本作はヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカ...
イギリス

アレクサンドリア四重奏:あらすじ・登場人物・原書で読んだ感想・考察 ロレンス・ダレル

『アレクサンドリア四重奏』とは? 『アレクサンドリア四重奏』は、イギリスの小説家ロレンス・ダレルさんが1957~1960年にかけて発表した、4部作の長編小説です。 1, 2, 3巻は(時間の前後はありつつも)同じイベントを異なる視点から書い...
イギリス

1984年:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 ジョージ・オーウェル

『1984年』とは? ※オーディブル版は日本語版も英語版も聴き放題対象です! 『1984年』はイギリスの小説家ジョージ・オーウェルさんが1949年に発表した長編小説です。 内容は、人間性を失った全体主義国家vsそれに抗う最後の人間、という世...
イギリス

動物農場:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 ジョージ・オーウェル

『動物農場』とは? ※オーディブル版は日本語版も英語版も聴き放題対象です! 『動物農場』はイギリスの小説家ジョージ・オーウェルさんが1945年に発表した中編小説です。 動物を人間に見立てて全体主義を風刺した御伽噺であり、原書にはa fair...
イギリス

ビルマの日々:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 ジョージ・オーウェル

『ビルマの日々』とは? 『ビルマの日々』はイギリスの小説家ジョージ・オーウェルさんが1934年に発表したデビュー作(長編小説)です。 ジョージ・オーウェルさんは、イギリス植民地インドの支配下にあったバルマに警察官として赴任していた経験があり...
フランス

オペラ座の怪人 ガストン・ルル―

『オペラ座の怪人』とは? 『オペラ座の怪人』は、フランスの作家ガストン・ルル―が1909年~1910年にかけて連載したゴシック小説。 パリのオペラ座で実際にあった事件やゴーストの噂を元にしていることでも知られている。 小説の他にミュージカル...
中国

白居易:長恨歌 新楽府 琵琶行 + 源氏物語や枕草子との関係メモ

白居易と白楽天詩選について 白居易(772-846年)は唐の時代に一世を風靡した詩人。その作品は日本(平安時代)にも伝わり菅原道真も傾倒。『源氏物語』や『枕草子』にも影響を与えた。 白居易の詩には様々なタイプがあるが、諷諭(公的)と閑適(私...
アメリカ

フラニーとズーイ:原書で読んだ感想・考察 J.D.サリンジャー

フラニーとズーイとは? 『フラニーとズーイ Franny and Zooey』は、1961年に出版されたJ.D.サリンジャーさんの連作中編小説です。 初出は『フラニー』が1955年、『ズーイ』が1957年で、二作を一冊にしたのが本作です。 ...
アメリカ

ナイン・ストーリーズ(特にバナナフィッシュ~):原書で読んだ感想・考察 J.D.サリンジャー

ナイン・ストーリーズとは? 『ナイン・ストーリーズ(Nine Stories)』は、1953年にアメリカで出版された、J.D.サリンジャーさんによる短編集です。 収録されているのは、以下の9作品。 バナナフィッシュにうってつけの日 A Pe...
中国

魯迅:阿Q正伝 狂人日記 孔乙己 故郷 百草園から三味書屋へ 藤野先生のメモ・感想・考察

阿Q正伝 『阿Q正伝』は、短編集『吶喊』(1923年)に収録された魯迅さん初期の作品。 ぼんやりの記憶で、主人公が世間のフォニーと戦ってた印象から夏目漱石さんの『坊っちゃん』みを感じていたけど、今回再読して改めました。阿Qもフォニーで、フォ...