アメリカ

アメリカ

アルジャーノンに花束を:洋書を読む全ての人におすすめな5つの理由

この記事は英語力と感動を同時に得られるお得な趣味としての洋書多読と、初心者でも入りやすい洋書デビュー作として、世界文学の傑作であり、アメリカのベストセラー小説でもある『アルジャーノン花束を』がおすすめな5つの理由を紹介しています。
アメリカ

ティファニーで朝食を:あらすじ・登場人物・原書で読んだ感想・考察 トルーマン・カポーティ

『ティファニーで朝食を』の概要 『ティファニーで朝食を』とは? 原題:Breakfast at Tiffany’s 作者:トルーマン・カポーティ 発表:1958年 時代:第二次世界大戦が始まって間もない頃 場所:ニューヨーク(アッパーイース...
アメリカ

ライ麦畑でつかまえて:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 J.D.サリンジャー

『ライ麦畑でつかまえて』とは? 原題は『The Catcher In The Rye』 原題:The Catcher In The Rye 作者:J.D.サリンジャー 発表:1951年 舞台:当時のニューヨーク 形式:長編小説 物語:高校を...
アメリカ

『ライ麦畑でつかまえて』は誤訳ではない!一流の翻訳! J.D.サリンジャー

『ライ麦畑でつかまえて』は誤訳? 『ライ麦畑でつかまえて』は誤訳説は、以下の理由に由来すると思われます。 英語原文は『The Cather In The Rye』、つまりキャッチする側 和訳の『〜つかまえて』はキャッチされる側 たしかに、こ...
アメリカ

ライ麦畑でつかまえて:登場人物を英語原文+和訳で紹介 J.D.サリンジャー

『ライ麦畑でつかまえて』の登場人物 ホールデン・コールフィールド:本作の主人公、17才(サリンジャーを投影) 髪の右半分が白髪 I'm six foot two and a half and I have gray hair. I rea...
アメリカ

2023年最新:イーロン・マスク公式伝記の感想(ウォルター・アイザックソン)

2023年9月、イーロン・マスクさん初の公式伝記が世界同時発売されました。 筆者はスティーブ・ジョブズさんやレオナルド・ダ・ヴィンチさんの伝記で実績のあるウォルター・アイザックソンさんで、時代の寵児×伝記のトップライターのコラボレーションで...
アメリカ

スコット・フィッツジェラルドの全長編&短編集を原書で読んだ感想・考察

感想・考察の根拠には、スコット・フィッツジェラルドさんのエッセイや手紙、ヘミングウェイさんの視点、映画、ドラマなど、アクセスできるものを可能な限り利用しました。
アメリカ

マイ・ロスト・シティー、ある作家の夕刻(スコット・フィッツジェラルドのエッセイ)

『マイ・ロスト・シティー』は、1940年に44歳で亡くなったスコット・フィッツジェラルドさんのエッセイ集です。『マイ・ロスト・シティー』に収録されているエッセイのほとんどは、この『ある作家の夕刻』に収録されています。
アメリカ

ラスト・タイクーン:あらすじ、原書で読んだ感想・考察(スコット・フィッツジェラルド5th長編、未完)

『ラストタイクーン(The Last Tycoon)』は、1941年に発表されたスコット・フィッツジェラルドさんの5th長編です。崩壊期のエッセイ『壊れる(The Crack-Up)』(1936年)の後に書かれ、結果として最後かつ未完の長編となってしまいました。
アメリカ

Taps at Reveille(バビロン再訪を収録)原書で読んだ感想(スコット・フィッツジェラルド4th短編集)

『Taps at Reveille』は、1935年に発表されたスコット・フィッツジェラルドさんの4th短編集です。評価の高い『バビロン再訪』や、次作5th長編『ラストタイクーン』と同じくハリウッドを舞台にした『狂った日曜日』は特におすすめです。