中国

三体:あらすじ・登場人物・感想 劉慈欣

この記事は↑のまとめ記事から切り出した個別記事です。 あらすじ 1967年、中国、時は文化大革命。葉文潔は父の葉哲泰が紅衛兵に公開処刑されるのを目撃する。父の罪は科学的態度を取り下げなかったこと。この事件が葉文潔と人類の運命を変えることにな...
日本

利休にたずねよ:あらすじ・感想・考察 山本兼一

『利休にたずねよ』とは? 『利休にたずねよ』は山本兼一さんによる歴史小説で、戦国時代~安土桃山時代に活躍した茶人・商人の千利休を主人公にした作品です。 本作は2006年から2008年にかけて月刊『歴史街道』で連載され、2008年に刊行、同年...
日本

金閣寺:あらすじ・感想・考察 三島由紀夫

『金閣寺』とは? 『金閣寺』は三島由紀夫さんの代表作、日本文学史上における最高傑作の1つ、さらには世界的にも高く評価されている名作中の名作です。 1956年の『新潮』で10カ月連載された後、同年に刊行されました。 1950年の金閣放火事件を...
アイルランド

真面目が肝心:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 オスカー・ワイルド

『真面目が肝心』とは? 『真面目が肝心』はアイルランドの小説家・劇作家のオスカー・ワイルドさんによる喜劇です。 初演は1895年のロンドンで、作者の絶頂期に発表。そのクオリティーの高さからワイルド劇の頂点とも評されている名作です。 「真面目...
アイルランド

ドリアン・グレイの肖像:あらすじ・原書で読んだ感想・考察 オスカー・ワイルド

『ドリアン・グレイの肖像』とは? 概要 『ドリアン・グレイの肖像』は、アイルランドの小説家・劇作家オスカー・ワイルドさんの代表作かつ唯一の長編小説です。 ざっくりのあらすじ:自分は老いるのに肖像画は老いない、逆だったらいいのに!と強く願った...
アイルランド

サロメ:あらすじ・英語版の感想・考察 オスカー・ワイルド

『サロメ』とは? 『サロメ』はアイルランドの小説家・劇作家のオスカー・ワイルドさんによる、新約聖書を元にした戯曲です。 初演は1896年で初版は1893年(いずれもフランスでフランス語)、英語版は1894年に出版。 初めて日本語に翻訳したの...
日本

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ― 森下典子

『日日是好日』とは? 本書はエッセイストの森下典子さんが茶道を軸に綴った自伝的エッセイです。 初版は2002年発行、2018年には映画化もされ、文庫版の解説は人間国宝の落語家、柳家小三治さんが担当し絶賛されています。 日日是好日の読み方は「...
イギリス

ライフシフト 100年時代の人生戦略 The 100-Year Life リンダ・グラットン アンドリュー・スコット

『ライフシフト100年時代の人生戦略』とは? 『ライフシフト 100年時代の人生戦略』は、ロンドン・ビジネス・スクールの教授であるリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットが書いたベストセラーです。 先進国の2007年生まれの2人に1人が1...
アメリカ

2023年最新:イーロン・マスク公式伝記の感想(ウォルター・アイザックソン)

2023年9月、イーロン・マスクさん初の公式伝記が世界同時発売されました。 筆者はスティーブ・ジョブズさんやレオナルド・ダ・ヴィンチさんの伝記で実績のあるウォルター・アイザックソンさんで、時代の寵児×伝記のトップライターのコラボレーションで...
日本

源氏物語全54帖の絵・あらすじ・和歌まとめ(オーディブル、現代語訳、源氏物語絵巻)

源氏物語は、日本文学史上だけでなく、世界文学史上においても重要な作品として知られています。 この記事は、その源氏物語の全54帖を、下記3点で整理したものです。 絵 あらすじ(140字以内) 和歌一首(現代語訳) 自分で言うのもなんですが、こ...